国家資格を取得しようとした場合、大切になってくるのはテキストをしっかり読んで理解し、問題集を何度も解くといったことがポイントになってきます。なるべく過去問集なども読み解き、分からない部分があった場合、そのまま放置しておくのではなく、必ず理解できるまで何度も解くことが必要です。
人気の高い資格の簿記は簿記2級を目指すのか3級を目指すのかで、必要となってくる勉強方法や勉強時間も異なってきます。特に簿記の場合は、基礎的なことを理解していないと資格取得は難しいと言われていますので、基本的な知識に自信がない方は、まず3級から資格取得を目指して、勉強を始めると良いでしょう。
テキストで基本となる知識をしっかり身につけ、応用問題と過去問などを何度も解くことで、理解力が深まっていきます。3級の資格を持っていない方の場合でも、簿記の基礎知識には自信がある方の場合は、いきなり2級から資格取得を狙ってみるのも良いかもしれません。
簿記は基礎知識さえ持ち合わせていれば、独学で勉強して資格取得することも可能といわれることが多い資格です。また、3級よりも2級の資格を持っていると、就職活動する際でも話をかけてもらいやすかったり、なにかと有利に働くことが多いため、簿記の資格取得を目指すなら、最低限の目標として2級を掲げておいたほうが良いといえるでしょう。
勉強を始めるタイミングとしては、なるべく早めに越したことはありませんが、最低でも3カ月前までにはスタートしておいたほうが良いでしょう。